診療

睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来 Sleep apnea syndrome

東京慈恵会医科大学の耳鼻咽喉科・呼吸器科と連携し診療を行っております。
又、他のクリニックに通院している方でアクセスや診療時間でご不便に感じている方を対象に診療しております。ご利用になれる時間帯、平日夕方18:00~19:00に行っております。

多忙のサリーマンの方にも好評を得ております。初診は随時受け付けております。
今後も精度の高い診療を理念に掲げ、患者ファーストを心掛けて診療してまいります。

CPAP 導入後のフォローアップなどにも是非ともご利用ください。
CPAP(Continuous Positive Airway Pressure:経鼻的持続陽圧呼吸療法)は、 睡眠中に圧力を加えた空気を鼻から送り込むことによって、気道の閉塞を取りのぞく治療法です。

初めて受診される方へ
いびきが凄いと感じている方、他院で受診しても回復の傾向がみられない方もお気軽にお越しください。
CPAP(シーパップ)療法:経鼻的持続陽圧呼吸療法での治療を行っております。
予約制ですので、お電話でご予約の上お越しください。(火曜日・木曜日・金曜日の18:00~19:00祝日は除く)

睡眠時無呼吸症候群(睡眠関連呼吸障害:SAS(Sleep Apnea Syndrome))とみられる症状

  • 就寝中の意識覚醒の短い反復、脳の不眠
  • 睡眠時の無呼吸状態
  • 夜間頻尿
  • 昼間にうとうとしてしまう傾眠傾向
  • 激しいいびき
  • 集中力の低下

など

 

家族などの同居者がいない場合、この病気の発見は非常に遅れます。特に自覚症状が弱い場合は誰にも発見されないため、その状態が徐々に悪化して深刻な問題を起こしてしまいます。
よくある深刻な問題の例は、自動車の運転中に強い眠気が発生し運転操作を誤って人身事故になることです。このような事故をきっかけにこの症状を知るというケースが目立ちます。この病気が一般社会に知られるようになったのも、患者が起こした事故の報道によるものでした。

また、重症例が長期間未治療で放置されると、心筋梗塞や脳血管障害など重大な全身疾患を合併するリスクがあがりますので早期発見と治療は重要となります。

また、同居者がいてもこの病気に関する情報を持っていなければ、単に「いびきをかきやすい性質」としか認識されず、治療開始が遅れることもありえます。

睡眠時無呼吸症候群に特有のいびきは、通常の一定リズムではなく、しばらく無音のあと著しく大きく音を発するという傾向・特徴を持っています。

 

睡眠時無呼吸症候群(睡眠関連呼吸障害)の原因

睡眠時無呼吸症候群(睡眠関連呼吸障害)には、次の種類があります。

閉塞性睡眠時無呼吸症候群 (OSA, Obstructive SA)

睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が下がり気道を閉塞することが主な原因である。
上気道の閉塞によるもので呼吸運動はある。肥満者は非肥満者の三倍以上のリスクがあるとされる。
OSASのスクリーニングには、BMI,収縮期血圧,拡張期血圧,いびきによるスコアを用いるものがある。

中枢性睡眠時無呼吸症候群 (CSAS)

脳血管障害・重症心不全などによる呼吸中枢の障害で呼吸運動が消失するのが原因である。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome:SAS)は1976年にスタンフォード大学のギルツー教授が提唱しました。現在では呼吸障害の国際分野において正式名は睡眠関連呼吸障害や、その分類である閉塞性睡眠時無呼吸症となっています。
当院では、古くから馴染みのある睡眠時無呼吸症候群を使用しています。


 

睡眠時無呼吸症候群の治療

初期介入は行動療法であり、酒や睡眠薬の中止などを行う。

減量療法

患者が肥満者の場合、減量により上気道周辺の脂肪の重さによる狭窄を改善する。

持続陽圧呼吸療法 (CPAP)

nasal CPAP(nasal continuous positive airway pressure; 鼻シーパップ、ネーザルシーパップ)装置よりチューブを経由して鼻につけたマスクに加圧された空気(陽圧の空気)を送り、その空気が舌根の周囲の軟部組織を拡張することで吸気時の気道狭窄を防ぐ方法。

CPAP治療は日本国内では保険診療として認められており、1ヶ月当たり5,000円弱で利用することができる。
一般的には保険診療扱いで「装置をレンタルして使う」ようなスタイルのため、定期的な通院が必要である。

現在のCPAPは患者の状態に合わせてリアルタイムで圧力が変化するAuto CPAPと呼ばれる機種が主流で睡眠中の治療データを記録するための機能を持っており、そのデータを医師が回収して分析する。

CPAP装置から鼻マスクへ送出される空気の気圧は、症状や体格により異なるが、4~20cmH2O程度である。どうしても処方直後は不快感を持ちやすく、睡眠中無意識に鼻マスクを外してしまうことがある。機種によっては、このような場合に警告音を鳴らすことができる。CPAPの普及に伴い、不快感を減少させるための工夫が年々行われている。どのような形式の鼻マスクであれ、調整用のバンドが付いているので快適な装着感が得られるまで調整を繰り返し、できるだけ早く慣れるように試みるのが基本である。

 

INFORMATION

休診のお知らせ

 

医師外来担当表

  18:00~19:00   18:00~19:00 18:00~19:00
 
18:00~19:00
 
18:00~19:00
18:00~19:00

料金

料金は保険診療の取り扱いとなります。



 

 

PAGE TOP